ルイ・ヴィトンのおすすめ買取会社やアイテム別の買取相場をご紹介!

ルイ・ヴィトンの買取について

ルイ・ヴィトンは世界で最も有名な高級ブランドです。
もともとは旅行用トランクを作っていましたが、1950年代におなじみのモノグラム柄の製品を発売し、それ以降も次々とヒット作品を生み出しています。

ヴィトンのバッグや財布は日本でも大人気のため、中古品の需要も高く、買取業者で買取買取が期待できるアイテムです。

ルイ・ヴィトンの人気モデルで中古市場でも需要が高いのはネヴァーフルやアルマ、スピーディなどです。
特に定番ラインのモノグラムとダミエは古い商品でも高価買取が期待できるでしょう。

ルイ・ヴィトンの買取は高級ブランド品の買取実績が豊富なブランド買取専門店がおすすめです。
中でも特におすすめできるのは、店舗持込・宅配買取・出張買取のすべてに対応している買取プレミアムです。

ルイ・ヴィトンの買取店の選び方

大切なヴィトンを買取に出すときは、どのように買取店を選べばよいのでしょうか?
ほとんどの業者がヴィトンを積極買取していますが、安心してよりよい条件で売却できる業者の選び方を紹介します。

どんな業者に売るのか決める

ルイ・ヴィトンは高級ブランド品の中でも特に人気が高いため、色々な業者が買取をしています。
ブランド買取専門店のほかに総合リサイクルショップや質屋などでも積極買取をしていますし、メルカリのようなフリマアプリやヤフオクなどのネットオークションでも売りやすい品物です。
どんな場所で売るかによって高く売れるかどうかや、便利さ、安心感に違いがあります。
まずはどんな業者に売るのかを決めて、その中から気に入った買取店を選びましょう。

ルイ・ヴィトンの買取でおすすめなのはブランド買取専門店です。
総合リサイクルショップや質屋では査定スタッフにブランド品の専門知識がない場合がありますが、ブランド買取専門店なら適正な査定が期待できます。

フリマアプリやオークションは個人取引のためトラブルの心配がありますが、ブランド買取専門店ならしっかりした会社を選べば安心して査定に出せるでしょう。

買取専門店は店舗買取、宅配買取、出張買取と自分に合った買取方法を選べるのもメリットです。

安心できる買取業者を選ぶ

買取業者を選ぶときは以下のようなポイントに注目して選ぶとよいでしょう。

・店舗数・従業員数が多い
・運営歴が長い
・口コミ評判がよい

ブランド品の買取業者はたくさんありますが、全国展開で規模が大きい業者は安心して利用できます。
規模の大きな会社は買取したブランド品の販売経路が安定してますので、いつ査定に出しても安定して高価買取が期待できます。

全国展開の業者なら出張買取の対応エリアも広くなりますので便利です。

実際に買取サービスを利用した人の口コミ評判も重要です。
口コミ情報がない業者や知名度の低い業者、運営歴の短い業者はどのような査定を行っているかわかりませんし、キャンセルできないなどトラブルになる可能性もありますので要注意です。

おすすめの買取店

ブランド買取専門店にも色々な業者があります。
その中で特におすすめの買取業者を紹介します。

買取プレミアム

ルイ・ヴィトンの買取でおすすめの業者は買取プレミアムです。

買取プレミアムはブランド買取専門店の中でも比較的大きな会社で、出張買取、店舗持込、宅配買取の全てに対応しています。
店舗は全国展開していますので近所に店舗があれば持込みを、忙しいなら出張買取というように希望する方法で買取してもらえます。

買取プレミアムの出張買取は北海道から九州まで全国対応で、24時間365日いつでも申し込み可能です。
査定が終わったらその場で買取金額を受け取れますので、手持ちのヴィトン製品をすばやくお金に変えることができます。

買取プレミアムは従業員数500名以上の大きな会社で、口コミでも評判がよいため安心感もあります。

査定価格に満足できない場合はキャンセルも可能で、公式サイトにキャンセル方法が詳しく案内されています。
高価なヴィトン製品を売るなら、安心して査定に出せる買取プレミアムがおすすめです。

ルイ・ヴィトンの買取相場

ルイ・ヴィトンは高級ブランドの中でも特に高価買取が期待できるブランドです。
特に高価買取が期待できるバッグや財布について、モデルごとの買取相場について紹介します。

ネヴァーフルの買取相場

ネヴァーフルはルイ・ヴィトンの定番トートバッグです。
ネヴァーフル(Never Full)のネーミングの由来からもわかるとおり容量が大きく実用性があり、トートバッグタイプで普段使いしやすいのが人気の理由です。

数あるヴィトンのバッグの中でも人気ナンバーワンのため、安定した高価買取が期待できます。

特に、モノグラムやダミエなど人気ラインなら中古市場でも売れ行きがよいため査定価格も安定して高くなるでしょう。

ネヴァーフルの買取価格例

ネヴァーフルPM ダミエ N51109 7万円
ネヴァーフルMM モノグラム M40156 6万円

アルマの買取相場

アルマはネヴァーフルに続くヴィトンの定番モデルです。
丸い形状のハンドバッグは女性から人気が高く、中古品も高値で売買されています。
アルマはバッグが大きく開くため中身の出し入れがしやすく、ストラップをつけてショルダーバッグとして使うこともできます。
ビジネスシーンで使う人も多く、需要が高いため買取価格も安定します。

アルマの買取価格例

アルマPM モノグラム M53151 4~8万円
アルマPM エピ M40302 3~6万円
アルマBB ダミエ N41221 7万円

イエナの買取相場

イエナは外観はネヴァーフルと似たトートバッグで、実用性が高くビジネスでも使いやすいのが特徴です。
メインの開口部がファスナーになっていて、内部はポケットが複数あり小物をたくさん入ります。
重量も軽めで持ちやすくなっており、女性から人気の高いアイテムです。
以前はクラッチバッグタイプのイエナが製造されていましたが、最近になってトートバッグタイプとして復活していますので、それぞれ買取価格が大きく変わります。

イエナの買取価格例

イエナPM ダミエ N41012 7万円
イエナPM モノグラム M42268 10万円

スピーディの買取相場

スピーディはネヴァーフルやアルマと並ぶヴィトンの定番モデルで、比較的大きなボストンバッグタイプの商品です。
スピーディは1980年代から販売されていますが、人気が高いモデルであることと実用性も高いため20年以上前のモデルでも意外と高く売れる場合があります。
スピーディには手に持つボストンバッグタイプとショルダーストラップが付いてくる2ウェイタイプの2種類がありますが、どちらも高価買取が期待できるでしょう。

スピーディの買取価格例

スピーディ30 モノグラム M41108 6万円
スピーディ30 ダミエ N41533 2~5万円
スピーディバンドリエール30 ダミエ N41367 7万円

キーポルの買取相場

キーポルは旅行用のバッグで、こちらは収納能力と耐久性がいずれも高いのが人気の理由です。
キーポルもやはりモノグラムとダミエが人気ですが、エピの黒い柄のキーポルは男性からも人気があります。

キーポルの買取価格例

キーポル50 ダミエ N41427 7万円
キーポルバンドリエール55 モノグラム M41414 3~4万円

財布の買取相場

ルイ・ヴィトンはバッグだけでなく財布も大人気です。
ヴィトンの財布を使っている人は大変多く、新品でなくてもよいのでヴィトンの財布を持ちたいという人がいますので中古市場でも価格が安定しています。

ヴィトンの財布にはたくさんの種類がありあすが、ジッピーウォレットやポルトフォイユサラ、ポルトフォイユインターナショナルなどは買取でも高く売れます。

財布の人気ラインについてもバッグと同じく定番のモノグラムですが、ビジネスシーンにも合うダミエやエピなども人気です。

ルイ・ヴィトンの財布は正規販売店のサービスで購入後に自分の名前のイニシャルを刻印することもできます。
イニシャル入りの財布は買取してもらえるのか心配になるかもしれませんが、ブランド買取専門店なら問題なく買取してもらえることが多いです。

財布の買取価格例

ジッピーウォレット モノグラム M60017 5万円
ジッピーウォレット ダミエ N60019 4万円
ポルトフォイユ・サラ エピ M60580 4万円

キーケースなどの小物の買取相場

ルイ・ヴィトン製品はバッグと財布がメインですが、ブランドの評価が高いため小物やアクセサリーなども高価買取が期待できます。
キーケースやカードケースなどでさりげなくハイブランドを身につけたいという人も多いからです。
キーケースや小銭入れなども、モノグラムやダミエなど、人気ラインはバッグとほとんど同じです。
小物は実用性が重要で定価もあまり高くありませんので、故障していると買取価格が大幅にさがることもありますので注意しましょう。

ルイ・ヴィトン小物の買取価格例

6連キーケース エピ 2万円
ジッピーコインパース ダミエ 2万円
カードケース モノグラム 1万円
シルクネクタイ 1万円

ルイ・ヴィトンの高価買取のためのポイント

ルイ・ヴィトンは多少状態が悪いものでも大手のブランド買取専門店なら高価買取が期待できます。
中古品でもいいからヴィトン製品を手に入れたいという人がたくさんいるため、買取業者も高値をつけやすいからです。
しかし、買取に出す前に少しの手間をかけるだけでさらに査定価格がアップするポイントがあります。
買取申し込み前にチェックしておきたいのは以下のようなポイントです。

・お手入れをしてから査定に出す
・型崩れをなおす
・付属品をそろえる
・高く売れるタイミングで売る
・高く売れる買取業者を選ぶ

それぞれ詳しく紹介していきます。

お手入れしてキレイにする

査定前にお手入れしてキレイにしておくのが高価買取のためのポイントです。
汚れや生活傷はどうしてもつくものですが、新品状態に近ければ近いほど査定価格は高くなります。
普段から扱いに気をつけておくのが理想ですが、簡単なクリーニングで落ちる汚れは取り除いてから買取に出しましょう。
ただし、市販のクリーナーを使うと商品の素材に合わない可能性もありますので、渇いた布で軽く拭いておく程度にしておきましょう。
また、タバコや香水などの臭いが原因で査定価格が下がる場合もあります。
お手入れして扇風機の風に当てておくか、屋外でしばらく置いておくと若干改善する可能性もあります。

型崩れをなおす

長年使ったバッグで型崩れが起こっていると買取価格が下がってしまいます。
定価の高い大型のバッグでも型崩れが原因で大幅に減額されてしまう可能性もありますので注意しましょう。
買取りに出す前にバッグに物を詰めておくと本来の形に戻る場合もあり、買取価格アップにつながります。

付属品を揃えておく

ヴィトン製品を購入したときに付いてきた純正の付属品が揃っているほど買取価格が高くなります。
ヴィトン製品の付属品としては以下のようなものがあります。

・袋
・化粧箱
・取扱説明書
・パドロック(南京錠)
・クロシェット(鍵入れ)
・ミニポーチ

特に、ヴィットンのバッグに付いていることが多いパドロックやクロシェットは、単体で数千円で売られることもあるほど重要な付属品です。
これらが欠品しているとそれだけで数千円の減額となりますので注意しましょう。
付属品がすべてなく本体のみとなると、1万円以上の減額になってしまう場合もあります。
逆に考えると、付属品や箱などがすべて揃っていれば買取価格アップにつながるということです。

高く売れるタイミングで売る

ルイ・ヴィトンは新作が出るペースが比較的速いため、発売時期が最近のものはできるだけ早く売った方が買取価格が高くなりやすいです。
特に、発売から1年以内で状態がよければ高価買取が期待できます。
売り時に迷ったら、できるだけ早い方がよいと考えておきましょう。

高く売れる業者を選ぶ

どんな買取業者の査定に出すかを自分で選ぶことも高価買取のコツです。
ルイ・ヴィトンはブランド品の中でも最も有名なため、中古品市場でも人気の高い品物です。
ヴィトンならどんな買取業者でも積極的に買い取ってくれますが、数ある買取業者の中でも正しい知識を持って適性に査定してくれる業者を選ぶことが大切です。

総合リサイクルショップなどでは査定スタッフの知識があまりなく、中古品業界の標準買取価格をそのまま適用しているだけということもあります。
しっかりとした専門知識をもったブランド買取専門店に査定してもらうことで、より商品の価値を的確に判断してもらい、買取価格が高くなる可能性があります。
また、査定金額に満足できなかったときに価格の交渉ができたり、キャンセルできるかどうかも重要です。

ブランド買取専門店にも色々な業者がありますので、すでにご紹介した買取プレミアムのような大きな企業で口コミの評判がよい買取業者を選ぶことが大切です。

ルイ・ヴィトンについて

ルイ・ヴィトンの歴史

「ルイ・ヴィトン」は、1854年、旅行カバンの専門店として、創業者であるルイ・ヴィトンによりパリに誕生しました。当時、移動手段が馬車から機関車や船へと転換していくという時代の中にあって、持ち運びに便利な、フタが平らで、軽い素材で防水性もある、先見性の高い旅行鞄を考案したところ、大変評判となり、ヴィトンの名を一気に広めることとなりました。「ルイ・ヴィトン」は1867年、パリで開催された万国博覧会に出展し、銅メダルを受賞したのですが、パリ万博には江戸幕府も参加しており、日本美術が大変注目されたことがきっかけで、フランスでジャポニズムブームとなりました。このジャポニズムに、ルイ・ヴィトンも影響を受けたといい、ルイ・ヴィトンを代表するラインである「モノグラム」や「ダミエ」は、日本の家紋や市松模様をモチーフにしている、というのは有名な話です。また、モノグラムやダミエという紋様が作られるようになったのは、当時ルイ・ヴィトンが悩まされていたコピー品の対策でもありました。複雑な模様を描くことにより、類似品と見分けがつきやすいようにしたのです。その後も様々な製品を考案し、ビジネスを拡大していったルイ・ヴィトン社ですが、1959年には、エジプト綿に塩化ビニルの加工を施した、丈夫で防水性の高い素材「モノグラム・キャンバス」を発表し、以降、この素材を使用した多くのバッグが誕生していくことになります。現在ルイ・ヴィトンは世界的なラグジュアリーブランドとして、その名を確固たるものにしています。

ルイ・ヴィトンの代表的なライン

ルイ・ヴィトンを代表するラインと言えばまず最初に挙がるのは「モノグラムライン」です。「モノグラム柄」イコール「ヴィトン柄」、と言っても過言ではないほど、象徴的なラインと言えるでしょう。ルイ・ヴィトンの頭文字であるLとVのモノグラムと花と星の模様を組み合わせた意匠は、誰しもが目にしたことがあるほど、知名度は群を抜いています。
モノグラムと同様、ルイ・ヴィトンを代表するラインに「ダミエライン」があります。実はダミエは、モノグラムよりも歴史が古く、1888年に誕生しています。ダミエの「格子の目」の柄は、日本の市松模様からインスピレーションを得ていると言われており、モノグラムの柄が日本の家紋をモチーフについてるのと同様、日本文化に影響を受けたものと言えるでしょう。
その他の定番ラインとして「エピ」があります。エピは1985年に発表された比較的新しいラインですが、根強い人気があり、定番のラインとなっています。「エピ」とはフランス語で「麦の穂」を意味し、エピの、革に型押しされた波模様は、風に揺れる麦の穂をイメージしていることからその名がつけられました。また、エピの特徴として、キズが目立ちにくく、耐久性も高いという点があります。
モノグラムやダミエに次ぐほどの人気があるラインに「ヴェルニライン」があります。「ヴェルニ」はニューヨーク出身のアートディレクターであるマーク・ジェイコブスのデザインによるものです。カーフ素材に、光沢のあるエナメル加工を施したヴェルニはカラーバリエーションも非常に豊富で、女性からの人気が高いラインとなっています。
その他、モノグラムのバリエーションとして、日本人デザイナーの村上隆のデザインによるポップなカラーを用いた「モノグラム・マルチカラー」や、ダミエのバリエーションとして淡いブルーとクリーム色の組み合わせの「ダミエ・アズール」なども人気の高いラインとなっています。

ルイ・ヴィトンの代表商品

ルイ・ヴィトンには数多くのアイテムがありますが、その中でもアイコンモデルと言われる定番のアイテムがありますので紹介します。
「スピーディ」は、ハンドバッグタイプの定番アイテムで、サイズ展開も豊富で、街中での普段づかいから、ちょっとした旅行にまで対応しています。柄も、人気のモノグラムやダミエの他、マルチカラーなど、豊富です。
「アルマ」は、丸みを帯びたアーチ型の、シンプルでありながら上品なバッグで、パリのセーヌ川に架かるアルマ橋が、その名の由来となっています。ココ・シャネルのオーダーにより、誕生したバッグでもあります。モノグラム、ダミエ、エピ、ヴェルニなど、様々なラインでのバリエーションがあり、こちらも定番のアイテムです。
「キーポル」はその名の示すとおり「Keep All」、つまり全てを収納するという意味があり、定番の旅行用のボストンバッグです。レザーハンドルは丸みを帯びており、持ちやすくなっています。キーポルもサイズやライン展開が豊富で、様々な用途に対応しています。人気はやはり、モノグラムキーポルでしょう。
「バケット」はその名のとおりバケツ型の収納力の高い定番バッグです。サイズの小さい「プチ・バケット」というモデルもあり、人気があります。
「パピヨン」は、1966年に誕生した、円筒型のかわいいハンドバッグです。60~70年代に活躍したモデルのツイッギーお気に入りのバッグだったことでも有名です。モノグラムの他にダミエ、エピ、モノグラム・ヴェルニなど様々なラインでのバリエーションがあります。
「ネヴァーフル」は「Never Full」、つまりいくらモノを入れても決していっぱいにならない、という意味で、荷物をたくさん収納できる人気のトートバッグです。ネヴァーフルは2007年に発表された比較的新しいアイテムですが、人気の高い定番バッグとなっています。モノグラムやダミエなどが人気のラインです。
「ジッピーウォレット」はルイ・ヴィトンの人気のファスナー式の財布です。特徴はその豊富な収納力にあり、多くのカードポケットやコンパートメントを持っています。柄にはモノグラム、ダミエ、エピ、モノグラム・ヴェルニ等、多くのバリエーションがあります。

ルイ・ヴィトンの買取についてのQ&A

買取できない場合はある?

たとえルイ・ヴィトンのアイテムであっても、あまりにもボロボロである場合などは、買取不可となるかもしれません。また、ボロボロではない場合であっても、買取専門業者が査定して、本物かどうか疑わしいと判断した場合には、買取不可となります。まずは、買取専門店での査定をしてもらいましょう。

並行輸入品は買取してもらえる?

並行輸入品とは、正規代理店ではない業者が、海外の直営店などで直接買い付けをして輸入したものです。そう考えれば商品自体は本物と言えますが、実際に直営店で買い付けしたという保証はありません。ですから、ルイ・ヴィトンの並行輸入品を購入して、買取専門業者に査定してもらった場合、本物であればもちろん買い取ってもらえますが、本物ではないと判断された場合には、買取してもらえないことになってしまいます。